深海宗伝と百婆仙

<<百婆仙の法塔>>

この法塔に刻まれた『萬了妙泰道婆之塔』は有田焼創業期に活躍した百婆仙のことです。
本名は不明ですが、夫深海宗伝と共に豊臣秀吉の朝鮮出兵(1592~1598)に際し、韓国より連れてこられました。
武雄市内田村で磁器と陶器を焼き、陶器を献上していました。しかし元和4年(1618)に宗伝が死去。
彼女は子供の平左衛門(宗海)と共に焼き物の製作を続けますが、有田で良質の陶石が発見され、渡来陶工の一族を伴って有田町稗古場に移ってきました。家族や多くの朝鮮人陶工から敬愛された百婆仙は、明暦2(1656)年3月10日96歳で亡くなります。

この塔は曾孫の宗仙が、百婆仙の五十年忌にあたる宝永2年(1705)に稗古場の報恩寺に建立しました。
『百婆仙の法塔』と並んで『深菴宗海居士之塔』(子・宗海)と『湛丘寄与然禅士之塔』(孫・湛丘)が建てられています。
このように百婆仙は、有田皿山の陶磁器創始期における渡来陶工の有力な指導者でした。
深海一族は、苗字帯刀を許され、その後窯元として繁栄しましたが、明治維新の折、藩の御用窯であった為、閉窯となりました。
その後深海辰治(明治44年9月19日生)により陶磁器用絵具製造販売業として深海商店を起業いたしました。
この事により、たくさんの窯元様に深海の呉須を愛用して頂く事で先祖の意志に通ずる事と考えております。

百婆仙の事を詳しくお知りになりたい方は芥川賞作家 村田喜代子著
【龍秘御天歌】【百年佳約】をお読み下さい。

▲このページの先頭へ▲

<<稗古場窯跡(ひえこばかまあと)>>
<<天神山窯跡(てんじんやまかまあと)>>

隣接する稗古場窯とともに、有田焼の基礎を築いた人物のひとりである百婆仙ゆかりの窯とされています。
百婆仙は明暦2年(1656)に96歳で亡くなりますが、彼女については報恩寺の境内にある
「萬了妙泰道婆之塔」に記されています。
稗古場窯と天神山窯は何度か築き直されましたが、ほぼ江戸時代を通して長期間操業された窯です。
また、その間には同じく有田焼の基礎を築いた人物である金ヶ江三兵衛(李参平)の子孫も白川移り住み陶業を営んでいます。

稗古場窯は1985年の調査では17世紀代の登り窯が発見されています。
正式な考古学的発掘ではないため正確なことは分かりませんが、焼成室の規模は横幅3.2m、奥行3.18mであったといいます。

天神山窯は1990年の発掘調査では登り窯は発見されず物原(失敗品の捨て場)の一部だけを確認しました。
登り窯はすでに破壊され、消滅してしまっているようです。
出土した製品の年代は1630~1660年代のもので、いわゆる初期伊万里焼と称される製品から海外輸出向けの製品まで見られます。
磁器がほとんどですが、ごく少量の陶器も見られます。器種は碗・鉢・皿が大半を占め、その他に瓶・香炉・小杯などがみられます。

 

<<深海宗伝と百婆仙を題材にした韓国ドラマ『火の神ジョンイ』>>

16世紀後半に豊臣秀吉が朝鮮が文禄・慶長の役で出兵した際に、韓国で陶工をしていた深海宗伝と百婆仙は日本に連れてこられました。
この日本に連れてこられる前には宮廷で生活をしていたという説があります。

この百婆仙を題材にドラマ化されたのが『火の神ジョンイ』です。火の神ジョンイでは百婆仙はユ・ジョンという名前で登場いたします。
ユジョンは初めて女性の宮廷陶工「沙器匠(サキジャン)」となるのですが、社会の荒波に揉まれながらも最愛の夫である深海宗伝(光海君)と出会い、幸せな人生を築いていく姿が描かれています。

※沙器匠(サキジャン)とは機関の司甕院(サオンウォン)に所属して王のための器を作る陶工職人達のことを指します。

朝鮮でやきものが開発された当初は、中国からの流れを組む高麗青磁を継承した粉青沙器でした。
しかし、15世紀に入ると、新しく出来た技術によって作られた白磁が質素、潔白などを重んじる儒教思想とともに愛され、王室で使用されるようになりました。この王室御用達の焼き物の開発に奮闘したのが百婆仙であったようです。
火の神ジョンイの公式HPはこちら>>

▲このページの先頭へ▲

NGK代理店 MUTSUMI石膏代理店

呉須のご注文やご質問などお気軽にご相談ください tel:0955-42-2343 fax:0955-42-6262

お問い合わせフォーム

FAX注文用紙ダウンロード
(pdf 形式)

関連リンク